お知らせ

2016年10月20日

いろいろな飲み方

こんにちは、メルヴェイユ博多の吉田です。


これまで、メルヴェイユ博多で取り扱っているウイスキーをご紹介してきました。

今回は、ウイスキーの飲み方のバリエーションについてご紹介します。


(ハイボール)
炭酸水で割った、馴染み深い飲み方。
シュワっと上がってくる炭酸が、ウイスキーの香りを連れてきてくれます。
さっぱりと飲めるので、食中酒としてもおいしくいただけます。

(ストレート)
何も加えず、そのままの状態での飲み方です。
アルコール度数は高いですが、ウイスキー本来の味わいや風味を楽しめます。

(ロック)
オン・ザ・ロックとも言われる、氷を入れたグラスにウイスキーを注ぐ飲み方です。
最初はストレートに近い状態ですが、氷が溶けていくにつれて味わいの変化を楽しめます。

(トワイスアップ)
ウイスキーと常温の水を1:1で合わせた、氷を使わない水割りです。
少しマニアックな飲み方ですが、ウイスキーの味わいを決めるブレンダーさんは、この飲み方で味わいを決めているそうです。


加える水によっても味わいが変わりますが、一番贅沢なのはウイスキーを仕込んだ水を使って飲むこと。
仕込み水はマザーウォーターとも言われ、ウイスキーの味わいを引き立てるのに最適ですが、なかなか手に入らないものです。
普段はミネラルウォーターか浄水で作るのが良いですよ。

今回はウイスキーの飲み方をご紹介しましたが、ウイスキーによって合う飲み方が異なります。
お好みの飲み方を探してみるのも、面白いですね。
posted by merveille HAKATA at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

〜10月12日に開催したシャンパーニュディナー〜

皆さん、こんにちは!

メルヴェイユ博多、藤井です。

先日、ぺルノ・リカール社 シャンパーニュアンバサダーのマキシム・オトリエ氏をお招きし沢山の方々にご協力いただきながら開催できました
《ペリエジュエ × メルヴェイユ博多》
シャンパーニュディナー

ペリエジュエイベント__.JPG


ペリエ・ジュエ  グラン ブリュット
         ブラロン ロゼ
         ベル エポック 2006

と小岸シェフの料理のマリアージュをお楽しみ頂きました!



IMG_1380 (800x600).jpg



当日は満席となり大盛況まま終わることができ、私どももペリエ・ジュエについても勉強することができました。

現在も ペリエ・ジュエ  グラン ブリュット をグラスシャンパーニュでご提供致しておりますので
アペリティフでお楽しみください。

今後もイベントを開催する際はブログ等で告知させて頂きますので、よろしくお願い致します。


シャンパーニュ終了後__ (2).jpg



posted by merveille HAKATA at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

バノン

こんばんわ!
メルヴェイユ博多の増永です!

今回紹介するのはバノンです(^^)
羊のミルクを使ったチーズなんですけれども
面白いのが製造する際に栗の葉とブランデーにくぐらせ保存性と香りをアップさせています!!
IMG_20161006_184930.jpg
そして「バノン」という名前の由来は南フランスプロヴァンスのバノン高原が原産だからです!!

また一味違うバノンをワインと共に召し上がられてはいかがですか?

posted by merveille HAKATA at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

〜黒蜜とフォワグラ〜

皆さん、こんにちは!

メルヴェイユ博多の藤井です。

小岸シェフの新作”フォワグラ”料理です。



フォワグラ最中DSC02233 (2).jpg


皆様にご好評いただいています熟成フォワグラ。

そこに豊かな風味と上品な甘みの黒蜜やきな粉、葛。
和菓子の甘味を表現した小岸シェフが日本で創り上げるフォワグラ。


唯一無二です。


ご予約・お問い合わせはこちらまで。

メルヴェイユ博多 092-413-5301 藤井まで

posted by merveille HAKATA at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

メーカーズマーク

こんにちは、メルヴェイユ博多の吉田です。


今日は久しぶりのウイスキー回です。


今回はこちら。

DSC_0065.JPG

メーカーズマークです。


メーカーズマークは、アメリカ・ケンタッキー州でつくられる「バーボンウイスキー」のひとつです。

フレンチレストランにバーボン?と思われるかもしれませんが、実は「バーボン」はフランスの「ブルボン朝」に由来しています。

アメリカの独立戦争の際にフランスが味方したので、ケンタッキー州のある郡にバーボンと名付けられたのです。


メーカーズマークは甘みが強く、重厚感のある味わい。

おすすめはやっぱりロックです。

ゆっくりと氷を溶かしながら味わって、食後の余韻に浸ってください。
posted by merveille HAKATA at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

モンドール

こんにちは!
メルヴェイユ博多の増永です

今回はチーズの紹介です
これから肌寒くなってくるこの季節に食べたくなるモンドールです!(^^)
IMG_20161002_162642.jpg
ヴァシュランとも呼ばれ、製造は8月15日〜3月31日までの限定のチーズです!!

製造後4週間で出荷され熟成師の元でまたさらに熟成されます。
熟成の仕方はモミの木の一種エピセアの樹皮を巻き
エピセアの棚の上で熟成されます

味わいは上品でクリーミーそしてエピセアの香りがあるチーズとなっています!

私もモンドールを知って初めてチーズの熟成師などがいると知りました!!


チーズでも皆さんに季節を感じて頂きたいと思います!!
posted by merveille HAKATA at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

ペリエ・ジュエ

こんにちは。メルヴェイユ博多の吉田です。

先日、シャンパーニュディナーの告知をしましたが、今回は料理とともに主役となるシャンパーニュ「ペリエ・ジュエ」についてのお話です。


ペリエ・ジュエ社は、1811年創業のシャンパーニュメゾン。以来、伝統を守りながらも革新的なシャンパーニュをつくってきました。


創業当時の1800年代のシャンパーニュは、1本に200gもの糖分を加えていたそうで、とても甘いものでした。

ペリエ・ジュエ社は、シャンパーニュを食前酒とするために、糖分の量を10分の1に減らしたものを開発し、辛口のものをつくりあげました。

その世界初のBRUT(辛口シャンパーニュ)となったのが、ペリエ・ジュエ「GRAND BRUT(グランブリュット)」です。


1902年には、フラッグシップである「BELLE EPOQUE(ベル・エポック)」のボトルに、現在も続くデザインで「希望」の花言葉を持つアネモネが登場。

この時代は、アール・ヌーヴォーという花や植物などの自然をモチーフにした芸術運動が起こっていました。

アネモネのボトルは、アール・ヌーヴォーの代表的な人物であるエミール・ガレがデザインしたものです。

ペリエ・ジュエには、視覚的な美と美食を融合させた「ビューティング」=料理とシャンパーニュがハーモニーを奏でる芸術作品になるという考えがあり、それを体現しています。

BELLE EPOQUEは、まさにフルール・ド・シャンパーニュ(シャンパーニュの華)の呼び名にふさわしいシャンパーニュです。


GRAND BRUT、BELLE EPOQUEのほかには、ロゼシャンパーニュで「BLASON ROSE」があります。

「勲章」の意味を持つBLASONシリーズは、BELLE EPOQUE以前に存在していたシリーズですが、今ではロゼのみが残っています。


シャンパーニュディナーでは、今回ご紹介した3種で、料理とシャンパーニュのマリアージュをお楽しみいただきます。

16席限定ですので、お早めにご予約ください。

なお、ご予約はお電話のみでの受付とさせていただきます。

092-413-5301 メルヴェイユ博多 藤井まで


ご連絡お待ちしております。
posted by merveille HAKATA at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

〜ペリエ・ジュエ × メルヴェイユ博多〜

皆さん、こんにちは!

メルヴェイユ博多の藤井です。

ペリエ・ジュエ社のシャンパーニュアンバサダーのマキシム氏をお招きし、当店シェフ 小岸の料理と一夜限りの”華やかな”シャンパーニュディナーを開催致します。

マキシムbb5e9938791e98521278c8e85706f6d5.jpg


DSCN1320.JPG


2人は、フランス・北海道でともに働いた旧知の仲。

その2人のテーマは、アール・ヌーヴォーの巨匠 エミール・ガレと小岸の共通点の ”自然”。
そして、アネモネの花言葉の ”希望”。

”自然” と ”希望” が織り成す至福のひとときをお楽しみください。

DSC_0050.JPG


【日時】 10月12日 19:00スタート (18:30受付)

【価格】 16,000円 (税・サービス料込)

【ご予約】 お電話のみの受付とさせていただいております。

       092-413-5301 メルヴェイユ博多 藤井まで

16席限定でのご案内でございますのでお早めのご連絡お待ちしております。

posted by merveille HAKATA at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

ロックフォール〜はちみつレモン〜

こんばんわ!
メルヴェイユ博多の増永です!
今回はまたチーズの紹介です!

IMG_20160907_173444-1c45d.jpg
ブルーチーズその中でもロックフォールです!
メルヴェイユ博多では自家製はちみつレモンと一緒にお出ししています!
ブルーチーズと相性のよい蜂蜜
それにロックフォールから柑橘のような香りがしたのではちみつレモンにしてみました!

ぜひ食事のあとワインと一緒にいかがですか?
posted by merveille HAKATA at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月31日

山崎12年

みなさんこんにちは、メルヴェイユ博多の吉田です。


8月ももう終わり9月になりますが、まだまだ暑さが続きますね。

秋に入って涼しくなり、食べ物が一層おいしくなる時期が待ち遠しいです!


さて、今日はウイスキー紹介第3弾です。


今日はこちら。

DSC_0033.JPG

山崎12年です。


国内最初のウイスキー蒸溜所でつくられるウイスキーです。

山崎という土地は、天王山の麓にあり、宇治・木津・桂の3本の川が合流して淀川になるポイント。

程よく湿気があり、地下水が豊富で水質も良いため、ウイスキーづくりにぴったりの場所です。


そんな山崎でつくられるウイスキーは、華やかで高貴な香り。

ハイボールからロックまで、飲み方を選ばないオールラウンダーです。


おいしいお食事のあとは、ウイスキーでゆったりとした時間をお楽しみください。
posted by merveille HAKATA at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする