お知らせ

2012年10月09日

Parfume De Grasse


こんばんは、吉田です。

うららかな秋晴れが続いておりますが、皆様お変わりございませんでしょうか。

過ごしやすいこの季節は、ゆっくりと時間は流れ、

枝もたわわに実った果実も、穂を垂らす稲も、

豊かな生命の恵みを感じます。

日が暮れた博多の街は、

もう2度目になる冬がまた近づいていると

肌寒く感じます。

少しずつ、夜が長くなります。

ゆっくりと食事を楽しむ季節ですね。


あまくち.jpg


甘口のワインは苦手 とおっしゃる方もいますが、
いろいろと楽しみ方があるんです。
通常、甘口のワインを飲む時は
デザートと一緒に飲むイメージがありますが、
料理によってはお食事でもいけるんです。

例えば、フォアグラのお料理では
まったりと口の中で広がる濃厚なフォアグラと、
芳醇な果実の香り漂うワインは定番の組み合わせなんです。


冷製のフォアグラ料理には真ん中の
Ratafia de Champagne Henri Giraud
ねっとりと妖艶で深みの有る甘美な味わい。
スパイシーなニュアンスも含まれています。


温製のフォアグラ料理、特に赤ワインを使ったソースなどでは
Rivesaltes 1989
キャラメルのような苦みや品のある香ばしさを持っています。
熟成を重ねた深みのある甘さがよく合います。


そして、ブルーチーズに合わせても素晴らしい組み合わせです。、
特にロックフォールのようなピリッとした刺激と強いタイプ。
極甘で蜂蜜のような濃密な味わい。
Souternes Chateau de Rayne Vigneau 2000
まろやかでいて包み込むような優しい香り。

一概に甘口ワインと言っても、このようにいろいろな味わいがあります。
ワインによってお料理の印象が変わることもあります。
お試したい方はスタッフまでお申し付けください。


ブルー.jpg

写真はパピヨン社のロックフォールです。

ロックフォールはチーズの中で一番好きかもしれないです。



                 Merveille HAKATA









posted by merveille HAKATA at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

Wave


こんばんは、吉田です。


10月になりました。
行楽の秋ですが、先日、志賀島に行ってきました。


志賀島.jpg


台風の影響で風が強かったですが、
博多からバイクで行きました。
海の中道を通って、
ゆっくりと波の音を聞いて、
とても気持ちのいいドライブでした。


海の中道は去年、初めて福岡に来た時に
飛行機の窓から見え、
ここは必ず行きたいなと思った場所です。

ずいぶんと時間がかかりましたがやっと行けましたあせあせ(飛び散る汗)


DSCN1132.jpg


Alsace Riesling Domaine Kientzler


今はアルザスのワインをグラスでご用意しています。
リヴォーヴィル村に拠点を置くドメーヌ。
残糖を残さずにキレのある酸味と
青い香りがスーっと鼻に抜けていく、
グレープフルーツを思わせるアロマ。
10月の風のように爽やかな印象です。

昨日、chefが紹介したサンマのオードブルによく合いそうです。
ぜひ、お試しくださいわーい(嬉しい顔)




         Merveille HAKATA







posted by merveille HAKATA at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月24日

Wrapped In Love


こんばんは、吉田です。

皆様いかがお過ごしでしょうか?
最近は突然の大雨に遭われた方もいらっしゃるのではないかと。
ゲリラ豪雨なんて呼ばれ方もしていますが、
季節の変わり目は天候も不安定です。


メルヴェイユ博多は博多シティの中でも中央にありますので、
外の天候にはかなり鈍感です。
お客様から「さっきの雨すごかったね。」と言われ、
全く知らなくて、びっくりすることもあります。


いろいろと前兆もあるみたいですが、
冷たい風が吹く時などは気圧の急激な変化が起きているので要注意です。
当店ではBGMが乱れると通信の電波が厚い雲に邪魔をされているので、
雷などがどこかでなっている事が多いです。


この雨が終わると、
季節は秋にぐっと近づきます。



DSCN1112.jpg

Pommard 2009 - Olivier Leflaive

新しいグラスワインのご紹介です。
オリヴィエ ルフレーヴのポマールです。
ポマールの印象は一言で“ 凝縮した果実味 ”です。
ただ、熟成に耐えうる骨格を持つために、飲み頃を迎えるまで時間がかかります。


しかし、2009年のブルゴーニュワインの傑出した出来栄えは、
ポマールでも例外ではなく、その柔らかい果実味と瑞々しい味わいは
ポマール特有の“ 凝縮した果実味 ”を、エレガントに昇華させています。
この飲み心地は まるで 愛情につつまれているような、
じんわりと心地よい気分へと運んでくれます。


まさに クラスを超えているワインです。

       mervilleHAKATA
 
posted by merveille HAKATA at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月29日

グラスワイン

こんにちは、篠原です。

サッカーやりました!大金星ですね!
アトランタの奇跡を思い出しました!

久々にグラスワインのご紹介です。

DSCN1097.jpg

Domaine Chandon de Briailles(ドメーヌ シャンドン ブリアイユ)

2004 Savigny-lès-Beaune 1er Cru Les Lavières
(サヴィニレ ボーヌ レ ラヴィエール)

です!

ブルゴーニュの熟成感が出てきています。
じわっとくるピノノワールの旨みを楽しめます。

夜にご用意しているマダムビュルゴーの鴨にいかがでしょうか?

続いて、

DSCN1093.jpg

Ratafia de Bourgogne (ラタフィア ド ブルゴーニュ)

主にシャンパーニュ地方かブルゴーニュ地方で造られるこのワインは、
ブドウジュース(アリゴテ種100%)にブランデーを加えて
約10年熟成させた酒精強化ワインです。

アリゴテの上品な甘さと綺麗な酸味に、ブランデーの香りが合わさった
さらりとした甘口ワインで貴腐ワインとは違った風味が持ち味です。

フォアグラのテリーヌにはもちろん、食後のデザートにもピッタリです!

ワインセール残り二日です。
30・31日とお待ちしております!!



posted by merveille HAKATA at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

飲み頃ワイン

こんばんは、篠原です!

蒸し暑い毎日ですが皆様いかがお過ごしでしょうか?

入荷したワインがセラーで落ち着いたので少しずつワインリスト
に載せています。今日は少しだけご紹介です!


DSCN1068.jpg
`99 Cuvee William Deutz Brut (Deutz)

DSCN1067.jpg
`09 Bourgogne Blanc(Etienne Sauze)

DSCN1065.jpg
`98 Chassagne Montrachet Virondot(Marc Morey)

DSCN1070.jpg
`85 Pommard Vieille Vignes (Alain Coche Bizouard)

DSCN1071.jpg
`98 Clos de Lambrays (Lambrays)

DSCN1072.jpg
`89 Ch.Durfort Vivens (Margaux)

DSCN1073.jpg
`96 Ch.Haut Marbuzet (St Estèphe)

85年のポマールがイイです。
不作が続いた80年代のブルゴーニュにおいて良年のポマールは
じわっとくる旨みをしみじみと味わいたい一本です。

現在売り出し中の北海道産仔牛のローストといかがでしょうか??

posted by merveille HAKATA at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

AYU

こんばんは、篠原です。

キッチンを覗くと新しい食材が


DSCN0995.jpg


鮎です!

塩焼きもおいしいですが、、、、

シェフの手にかかると、、、、、

DSCN0997.jpg

新作の鮎の一皿でした!
夜のコースでご用意いたします!

鮎独特の苦みを活かしたこのお皿には

DSCN0999.jpg

爽やかな緑の香り、心地よい苦みの余韻をもつ
ロワールのソーヴィニョンブラン
VALENCAYはいかがでしょうか?
グラスでご用意しています。

篠原でした。

posted by merveille HAKATA at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

ワイン持込み無料!!

こんにちは、篠原です。

ワイン好きの皆様へお知らせです。

6月限定でワイン持込み料を無料で承ります!

ご自宅のセラーで寝かせているワインや、
近所のエノテカさんで購入したワインをそのまま
お持込みいただいてもOKです!!

お好きなワインを当店のお料理と共にお楽しみください!

ワインは事前のお預かりもしています。
特にオールドヴィンテージに関しては早めの持込みを
おススメいたします。郵送でもOKです!

※平日ディナー限定、1グループ1本までとさせていただきます


少しだけ新作紹介です。

234.JPG

1978 SANTENAY / ANTONIN RODET

作り手はブルゴーニュ・メルキュレを拠点とする大ネゴシアン
「アントナン ロデ」
サントネイの村名ながら34年の熟成を経ても十分楽しめる状態です。

古酒の魅力と言ったら、若いうちは溢れんばかりの果実味が魅力だったものが
タンニン(渋み)やキツいアルコール感などのエグミが取れ、複雑味を増し、
熟成ワインでなければ得られない風味ですね。

特級畑のようにはいきませんが、村名ながらその片鱗を十分に楽しめます。

超少量入荷のためリストには載せていません。
直接スタッフまでお尋ねください!

早い者勝ちです。

篠原でした

posted by merveille HAKATA at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

Degustation

丸ごと焼き上げて、

345.jpg

新作完成!

123.jpg

ではなく、今日のまかないでした!

こんばんは、篠原です。

いよいよ夏らしくなってきた最近の博多ですが、
皆様いかがお過ごしでしょうか??

グラスワインリストをご覧いただいたお客様から
「グラスハーフってなんですか?」
と質問をよく受けます。

グラスハーフとはそのまま、グラスワインの半分のサイズです。

レストランでのワインの楽しみ方の1つとして、ソムリエに任せて
料理に合わせてグラスワインでマリア―ジュを楽しむ方法があります。
メルヴェイユではシャンパンから甘口ワイン含め約10種類のグラス
ワインを料理に合わせて用意しています。
あまりお酒が強くないお客様にも色々な種類のワインを料理と共に楽しんで
いただきたい!という思いで始めたのがグラスハーフです。


メルヴェイユでは最近はグラスワインでマリアージュを
楽しむお客様がとても増えてきています。
ワインが飲みたいけどよく分からない!
しかも少量サイズで!
というお客様。
ぜひご相談ください!

12.JPG

飲み足りなければこんなのも

1.JPG

篠原でした



posted by merveille HAKATA at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

シャンパーニュ

こんにちは、篠原です。

GW後半に向けて新しいグラスシャンパンの紹介です。

DSCN0959.jpg

ALFRED GRATIEN アルフレッド グラシアン

1984年創業の伝統あるシャンパンメゾンです。
シャンパンにしては珍しい樽で発酵させて樽で熟成させる
スタイルなのでゆっくりと熟成が進み円熟な味わいに仕上がっています。
熟成期間は規定の倍以上の4〜5年。
ピノムニエ由来のふくよかさに、ほのかな甘み、そしてマロラクティック醗酵を行っていないので長い熟成期間をおいても余韻にキレイな酸味を感じます。
日本ではあまり知られていないメゾンですが、フランスでは通のシャンパンとして
ヴィンテージ物はドンペリと同等の値段がついているとかいないとか。。

久々に

シャンパン美味しいなー

と感じる1本です。

GW後半戦に向けて在庫もたくさん用意しています!
ご来店おまちしております!

※マロラクティク発酵・・・・ワイン醸造の段階でりんご酸(酸味が強い)を乳酸(まろやか)に変える工程のこと
posted by merveille HAKATA at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月12日

こんばんは、


篠原です。


お好きなだけシャンパンに引き続き
グラスワインのご紹介です。

過去にも取扱いのある人気の作り手、
ブルゴーニュの“コルディエ”から2010ヴィンテージが入荷しています

DSCN0964.jpg

今回はマコンです。
柔らかい果実味に、適度な硬質なミネラルが骨格を造る
マコンのお手本のような仕上がりです!

美味しいです。

そして春の桜も散り、新緑の時期となりました。
メルヴェイユの料理も春の淡い色合いから
緑が芽生えてきています。
こんな時期はロワールがピッタリですね!

DSCN0978.jpg

DSCN0987.jpg

そして最後に、

お気付きの方もいらっしゃると思いますが、


ついに!

念願のメルヴェイユ博多ホームページが完成いたしました!

まだ操作方法など不慣れなため、メニュー更新が遅れています
がメニューは随時更新していきますのでよろしくお願いいたします!



posted by merveille HAKATA at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

START!! FREE FLOW CHAMPAGNE

こんにちは、篠原です。

今日の雨で桜も終わりでしょうか、、
急に蒸し暑くなってきましたね。

そうだ、シャンパンが飲みたい!

平日限定となりますが、メルヴェイユの落ち着いた空間で

そろそろ、シェフから発表があるはず・・・・
の新メニュ―と共に

ゆっくりとお好きなだけシャンパンをお楽しみください!

ご予約お待ちしております!


Free Flow Champagne

Charles Pougeoise 1er Cru Baln de Blancs
シャルル プジョワーズ プルミエ クリュ ブランドブラン

プジョワーズ白.jpg

全世界25カ国に点在するフランス大使館公認シャンパンとして
愛用されているシャルルプジョワーズ。シャルドネを使用した
すっきりした味わいで、爽やかな泡が心地よいシャンパンを、
春のお料理と一緒にゆっくりとお好きなだけお楽しみください。

4月27日までの平日限定

コース料金+¥3,500(税込)

※シャンパンのみ飲み放題となります。
※その他のお飲物は、別途料金になります。
※フリーフローシャンパンは、お席に着かれてから2時間とさせていただきます。



posted by merveille HAKATA at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

ワインあります

こんにちは、篠原です。

毎日雨続きで洗濯物が外に干せなく、
主婦の皆様のストレスが溜まっていると思われる
ここ最近の福岡ですが、ここメルヴェイユ博多では
早くも桜の開花宣言が出たようです。

夜にご来店いただき、美味しかったからと
翌日の昼にまたご来店いただいたお客様も
いたくらい好評なサクラコース

早めのご予約をお待ちしております!

サクラコースに合わせて通常はグラスでご用意していない
ロゼシャンパンも準備しています。
華やかなシャンパンと共にサクラコースをお楽しみください。

DSC00067.jpg

そして、、、


ワインも続々と入荷中です


特に、ソゼのバタールモンラッシェ。

破格です。


篠原でした。


DSC00053.jpg
2003 Batard Montrachet / Etienne Sauzet

DSC00051.jpg
2001 Meursault Chevalieres / Saint Germes

DSC00048.jpg
2001 Grands Echezeaux / Mongeard Mugneret

DSC00047.jpg
1995 Chambolle Musigny Les Feusselottes / Georges Mugneret

DSC00049.jpg
1998 Savigny les Beaune Grands Liards / Simon Bize

DSC00061.jpg
1998 Gevrey Chambertin Combe aux Moines (1/2) / Philippe Leclerc

DSC00059.jpg
1982 Domaine de Chevalier / Graves
ラベル不良ご了承ください

posted by merveille HAKATA at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

How Deep Is The Ocean


こんばんわ、吉田です。

最近のメルヴェイユ博多はいろいろ“ 改造中 ”です(笑)

どのようにお客様に楽しんで頂けるか?

どのようにお客様を迎えるか?

福岡のレストランの中のメルヴェイユとして・・・

暗中模索中あせあせ(飛び散る汗)です。

小さな備品から、スタッフの価値観まで

どこまでも深く潜ってますわーい(嬉しい顔)



111.jpg

Bottgeyl Sonnenglanz Gewurtraminer 2007

アルザスワインの気鋭の生産者 ドメーヌ・ボットゲイルの甘口ワインです。

ゲヴェルツトラミネールを極端に遅摘みし、果実の味わいを凝縮しています。

ライチを思わせる、青い香りは

ソーテルヌなどのような蜂蜜っぽさとは、また違った味わいです。

白水chefおススメのフォアグラ料理と合わせてみても面白そうですね。

どっぷりとフレンチの世界にはまっちゃうくらい

美味しいですよるんるん




        merveille HAKATA

posted by merveille HAKATA at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

Baciami Per Domani


こんばんわ、吉田です。

・・・・・・・

DSCN0941.jpg

吉田助手:博士、これは新しいグラスワインですか?

篠原博士:そうだよ、吉田君。
     そして、今、注目のローヌ地方のワインなのだ。

吉田助手:博士、どういったワインなんですか?

篠原博士:比較的新しいアペラシオン、ラストーの赤ワインじゃ。
     Domaine du Trapadis , Rasteau Reserve 2008 !!

吉田助手:はい。

篠原博士:ただ、このワインはかの高名な ブルゴーニュの生産者
     Domaine des Comtes Lafonに、勤めていた者と
     協力してつくられたんだよ。
     よって、その香りはローヌ地方特有のスパイス感をブルゴーニュの
     澄み切ったアロマに乗せた、大変、きれいな印象を持つワインなのだ!!!

吉田助手:は、、、はい。

篠原博士:そして、2008年ヴィンテージが落ち着いてきていて、
     まさに、今が飲み頃なのじゃ!!!

吉田助手:博士・・・・。

篠原博士:私はこのドメーヌにローヌワインの未来を感じる!!
     これは大発見だぞ!吉田君!!

吉田助手:・・・・。

篠原助手:どうした!!吉田君!!
     寝ている場合ではないぞ!!

吉田博士:・・・・。

篠原助手:起きなさい!!吉田君!!
     ローヌの輝かしい未来がそこにあるぞ!!


・・・・・・・・



あっ。すみません。ブログを書きながら寝ていました。

それにしても、変な夢を見てしまいました。

実験室のような

ところで

・・・

ローヌの美味しいワイン見つけましたわーい(嬉しい顔)
       
     

        merveille HAKAATA




posted by merveille HAKATA at 18:17| Comment(2) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

A Tear On My Chest


こんばんわ、吉田です。

お正月が終わり、博多シティにゆっくりとした空気が流れています。

昨年からの慌ただしさから解放され、

着々と 次 の準備に向かっています。


DSCN0928.jpg


今日はワインをご紹介します。


Meursault 2009 Butterfield

斬新なラベルで敬遠される方もいらっしゃるかと。

ただ、ワインはムルソーの土壌の性質を

存分に生かした、アロマ、滑らかな舌触り、

“Beaune”、“Beautiful”、“Butterfield”

ラベルの B は生産者の『ボーヌの美しさ』への気持ちが詰まっています。



美しい博多駅のイルミネーションももうすぐ終わりです。

 今 のメルヴェイユ博多は

ゆっくりとお楽しみいただけます。


      merveille HAKATA


posted by merveille HAKATA at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

ごぶさたです

こんばんは。

お久しぶりです、篠原です。

シャンパンディナー、2日間ともに無事終了いたしました。

初めてのイベントと言うこともありワイン・食事共に
とても豪華な内容にしていました。

ご来店のお客様もご満足いただけたかと思います。

料理・ワインの写真を撮っておこうと思ったのですが、
初めてのイベントでして、
ドキドキ、
バタバタ、
の連続で写真を撮るのを忘れてしまいました。。。。

今後もイベントをどんどん企画して行こうと思います!



そしていよいよ12月です。
徐々に席が埋まり始めたクリスマスディナーですが、
食材に関してはシェフ白水から近日中に発表あると思います!

今しばらくお待ちください!!


篠原でした。
posted by merveille HAKATA at 19:05| Comment(2) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

Reminiscence


こんばんわ、吉田です。


今日はグラスワインのご紹介です。


DSCN0753.jpg

Sarget de Gruaud Larose2007

メドック・サンジュリアンの2級シャトー
グリュオーラローズのセカンドです。


重厚な果実味ながら
滑らかな味わいに複雑性を持った余韻
なかなか美味しいです。


近年、ラベルが変わりまして
変なお父さんがいます
誰なんでしょうか?気になります。

DSCN0751.jpg



   
    merveille HAKATa


posted by merveille HAKATA at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

新入りです


こんばんは。


純日本人、篠原です。


遅くなりましたが新作グラスワインの紹介です。

まずはアルザスから届いた一本から。


DSCN0700.jpg


造り手:Marc Kreydenweiss(マルク・クレイデンヴァイス)

ワイン名:Andlau Riesling(アンドロー・リースリング)

ブドウ品種:リースリング100%

フランスの中で有機栽培が盛んなアルザスでも、
早い段階からビオディナミを導入し、酸化防止剤の使用を
極端に減らして、体に優しいピュアでナチュラルなワインを造り
続けています。小規模ながらアルザスでも非常に高い評価
を受けている造り手です。


肝心の味わいはと言うと、
雑味の無いクリーンな青リンゴのような果実味に
綺麗な酸味と豊富なミネラルがうまく溶け込んだ
上品な仕上がり。


ランチ・ディナー共に用意している秋刀魚のテリーヌ
に合わせていかがでしょうか??


マルククレイデンヴァイスのワインのラベルは毎年
異なる画家にその年のワインを呑んでもらいラベル
の絵を書いてもらう事でも有名です。

今年のラベルは


こちら



DSCN0603.jpg

間違えました


DSCN0702.jpg


なんの絵でしょう??

調べておきますので、答えはお店にて直接ご質問ください!




篠原でした。


posted by merveille HAKATA at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

Bring Your Own


こんばんは、篠原です。


皆様、「B・Y・O」という言葉をご存じでしょうか?



BYOとは、Bring Your Own のそれぞれの頭文字を
とった略語で、「あなたの好きなお酒をお持込ください」
という意味を持つオーストラリア発の言葉です。


オーストラリアではアルコール販売の許可を取得するのが
難しいため、中小規模のレストランが許可を取得せずとも、
お客様にアルコール類を持ち込んでもらい好きなように
楽しんでもらおう!
という事でこの「BYO」システムが出来たそうです。


そんな「BYO」、実は期間限定でメルヴェイユ博多でもお楽しみいただけます。


ENOTECA博多シティ店 & merveille HAKATA コラボ企画

Bring Your Own
~お好きなワインをお持込みください!!~
2011/10/31迄

期間限定でENOTECA博多シティ店でお買い上げいただいた
ワインに限り、持込み料を無料とさせて頂きます。

「For All Wine Lovers」
すべてのワイン愛好家のため奉仕、を企業理念に世界各国の
厳選されたワインを販売しているENOTECAのワインを
メルヴェイユ博多のフレンチと共にお楽しみください。

※ディナータイム限定、1グループ1アイテムまでとさせていただきます
※ENOTECA博多シティ店のお買い上げレシートを確認させていただきます



当店のワインは99%フランスワインですが、
ENOTECAには厳選された世界各国のワインがあります。
お好みのワインを選び、当店でワインと料理を
お楽しみいただければと思います。


ぜひ、ご利用くださいませ。





そうそう、秋の新メニューに合わせて
グラスワインも新しくなっています。

また後日ご案内いたします。

篠原でした。




posted by merveille HAKATA at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

Nuovo Cinema Paradiso


こんばんわ、吉田です。


今日もたくさんのお客様に来ていただきまして
ありがとうございますexclamation×2
この一週間は夏休みも もう最後ということで、
ご家族でお越しになられる方が多いみたいです。
お子様の夏休みにどこもいけなかったから や
帰省されてご両親と久しぶりの水入らず など
夏の大切な思い出に当店をご利用いただけるのは
大変 うれしく思います。


仕事をしていると家族で食事する機会って少なくなりますよね。
僕も実家から遠く離れているので
一年に一度しか両親に会う機会はありません。
でも、毎年のお正月には顔をあわせ、
ゆっくりと食事をしたり、
お互いの話をしたりと、
普段、会わないからこそ
落ち着いて話が出来、気持ちを伝えることもできます。


DSCN0586.jpg


DSCN0587.jpg


Chateau Lyonnat Reserve de la Famille2005


サンテミリオンの丘の北側に広がるリュサック・サンテミリオン
その中でも最も古く、
最も評価されているシャトー
シャトー・リオナ


「レゼルヴ・ド・ラ・ファミーユ(家族の為の上質なワイン)」
と、名づけられたこのワインは少し珍しい
自家消費用ワインなんです。
家族や親戚、来客など 大切な人 と飲む
とっておきの キュベ だそうです。


特別な区画から厳選されたメルローをつかい
18ヵ月間熟成を施されています。
芳醇なフルーツの香りに
カカオやコーヒーの香りが交わり、
濃密でいて複雑な余韻をお楽しみいただけます。


家族との密度の高い時間は

家族のためにつくられたワインと

濃密でいて複雑な余韻?をお楽しみいただけます。

ワインを持っていただいたのは

くうてん10Fのメキシコ料理 

カンティーナ エルボラーチョの店長さんです。

ありがとうございました。

       Merveille HAKATA


posted by merveille HAKATA at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。