お知らせ

2016年10月20日

いろいろな飲み方

こんにちは、メルヴェイユ博多の吉田です。


これまで、メルヴェイユ博多で取り扱っているウイスキーをご紹介してきました。

今回は、ウイスキーの飲み方のバリエーションについてご紹介します。


(ハイボール)
炭酸水で割った、馴染み深い飲み方。
シュワっと上がってくる炭酸が、ウイスキーの香りを連れてきてくれます。
さっぱりと飲めるので、食中酒としてもおいしくいただけます。

(ストレート)
何も加えず、そのままの状態での飲み方です。
アルコール度数は高いですが、ウイスキー本来の味わいや風味を楽しめます。

(ロック)
オン・ザ・ロックとも言われる、氷を入れたグラスにウイスキーを注ぐ飲み方です。
最初はストレートに近い状態ですが、氷が溶けていくにつれて味わいの変化を楽しめます。

(トワイスアップ)
ウイスキーと常温の水を1:1で合わせた、氷を使わない水割りです。
少しマニアックな飲み方ですが、ウイスキーの味わいを決めるブレンダーさんは、この飲み方で味わいを決めているそうです。


加える水によっても味わいが変わりますが、一番贅沢なのはウイスキーを仕込んだ水を使って飲むこと。
仕込み水はマザーウォーターとも言われ、ウイスキーの味わいを引き立てるのに最適ですが、なかなか手に入らないものです。
普段はミネラルウォーターか浄水で作るのが良いですよ。

今回はウイスキーの飲み方をご紹介しましたが、ウイスキーによって合う飲み方が異なります。
お好みの飲み方を探してみるのも、面白いですね。


posted by merveille HAKATA at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。